キャリアサポート

【卒業生紹介】大山高助さん アフリカへ !!

2019-12-06
大山高助さん、青年海外協力隊員としてアフリカへ!

 2019年春に卒業した大山高助さん(健康スポーツコミュニケーション学科)が、2020(令和2)年1月よりJICA(国際協力機構)海外協力隊の青年海外協力隊員として、アフリカ・タンザニアにある全寮制男子校の「ソンゲア男子中等学校」に赴任します。

 大山さんは、本学において、中学・高校の保健体育教諭免許を取得しています。その資格を活かし、現地では日本の中学2~3年生に相当する約180名の生徒の体育授業を担当します。本学に在学中は男子バスケットボール部に所属し、学生コーチとして監督をサポートしながら、指導者としてのノウハウを学びました。

 12月2日(月)、大山さんは他の隊員と一緒に地元の姫路市役所を表敬訪問しました。そこで「体を動かす楽しさはもちろん練習してハードルを乗り越えていく喜びも伝えたい」と市長の前で意気込みを語っていました。

 「ソンゲア男子中等学校」の生徒たちの成長をサポートし、日本とタンザニアの友好の架け橋となってもらえれば、本学としてもうれしいかぎりです。まずは風土の異なるアフリカで健康に気をつけて頑張ってもらいたいと思います。

 

 この姫路市役所での清元秀泰市長への表敬訪問は、神戸新聞でも採り上げられました。以下のURLをご参照ください。

 

 神戸新聞NEXT  https://www.kobe-np.co.jp/news/himeji/201912/0012926704.shtml

キャリアサポート 2019

本学の就職支援・キャリアサポートは、学生一人ひとりの将来の 夢の実現に向けてさまざまな面からきめ細かくサポート。福祉と医療専門の大学ならではの資格取得・就職サポートで、 1年次より「夢」の実現に向けて確実にステップアップできます。

就職に強い大学!安心の就職率で福祉のプロとして働こう!

神戸医療福祉大学は就職率の高い大学として、 県内外に多くの人材を送り出しています。卒業生の多くは福祉の国家資格・専門知識・技術を活かした職場で働いています。 特別養護老人ホームなどの福祉施設や社会福祉協議会などの福祉系団体、福祉事務所や児童相談所などの行政機関、 一般病院などの医療分野など、福祉の第一線で活躍。また、こうした福祉関連施設以外に、健康・スポーツ分野の 公的機関や一般企業への就職も拓けています。各学科で学んだ専門知識と福祉の心は、企業におけるさまざまな仕事で 役立てることができるため、多方面で活躍することが可能です。