法人・企業の方へ

【第1報】緊急事態宣言解除後の大学方針について

2020-05-23
緊急事態宣言解除後の大学方針について(第1報)

2020(令和2)年5月23日(土)

 

 今般の新型コロナウイルス感染拡大に伴い、公衆衛生上の観点から授業開始を5月7日(木)からオンラインで授業を実施するとともに、課外活動団体等の活動を全面中止とし、登学の禁止をお願いしてきました。これはすべて学生の安心安全を最優先に考えて、3密を避ける目的での措置です。
 緊急事態宣言の解除が遅れていました大阪府、兵庫県、京都府も5月21日(木)に緊急事態宣言の解除を発表しました。しかし、新型コロナウイルスが完全に収束したわけではなく、第2波、第3波の懸念もあり、今後も新型コロナウイルスの感染に警戒し、感染防止に努めなければなりません。
 このような状況を踏まえると、学生の皆さんの通学や帰寮の際の感染リスクや学生寮でのクラスター感染リスクは避けられず、3密を回避しての対面授業が困難であると判断いたしました。そのため、緊急事態宣言解除後も引き続き授業はオンライン授業によって行い、課外活動についても、活動中止を継続します。
 今後の社会情勢・地域情勢などの変化により、対面授業の再開、課外活動中止の解除についても学生の皆さんが安心して安全に活動できる可能性を探り判断します。
 なお、下記の対応に変化があった場合は、Active Academy とHP を通じてその都度お知らせいたします。学生の皆さんには多くの不自由おかけするとは思いますが、今後とも感染拡大防止にご協力をお願いします。

 

1.授業について
  前期の授業は、原則としてすべて遠隔授業(オンライン授業)で実施


2.課外活動について
  課外活動の中止継続

  (フィットネスセンター、グラウンド、体育館の立ち入り禁止)

 

3.学内の立ち入りについて


 〈姫路キャンパス〉
  A棟1階のみ事前予約した上で立ち入り可能(教務課、学生課、就職課)

 

 〈大阪天王寺キャンパス〉
  大阪天王寺キャンパス内2階ロビーのみ事前予約した上で立ち入り可能

 

 詳細こちらからダウンロード→  学部長声明  

神戸医療福祉大学
学部長 中山 忠彦