学科・教育

[社会福祉学科]社会福祉専攻

社会福祉
学科
社会福祉専攻
Social Work Research
社会福祉専攻

人々の幸福と自己実現をサポートできる 福祉のスペシャリストを育成します。

学びのポイント
福祉の問題を総合的にとらえて幅広い技能を身につける

生活上の悩みや問題を抱えている方々が、地域で安心して暮らせるよう幅広くサポートできる力を身につけます。社会福祉やソーシャルワークの専門知識を学びながら、社会や地域の状況について理解を深め、各分野の専門職や関係機関と連携を取るためのマネジメント能力を高めていきます。

社会福祉士にプラスして自分に必要な資格を目指せる

社会福祉士の資格取得をベースにおいて、入学後に社会福祉の基礎知識を学び、それをもとに将来の進路を自己設計しプラスαの科目を選択または資格を取得できます。専門性の高いカリキュラムを用意しているので、希望や興味に応じてダブルまたはトリプルライセンスを目指すことができます。

相談員から事務所開業まで多様な活躍のステージ

福祉の相談機関や地域の支援センターから、病院、福祉施設、民間企業まで活躍のフィールドはさまざま。相談員としてはもちろん、介護職員や医師、保育士などの専門職とチームを組んでリーダーシップを発揮することが期待されます。また、将来独立して社会福祉の相談事務所を開業することも可能です。

社会福祉専攻履修例
社会福祉士の資格取得を目指す
カリキュラム
社会福祉専攻

↑ 詳細はこちらをクリック

●…必修科目 無印…選択科目
※カリキュラムは一部変更になる場合があります。

社会福祉専攻
推奨する資格

社会福祉士

自己設計に基づく各種資格

取得できる資格

社会福祉士(受験資格)

任用資格

社会福祉主事/福祉活動専門員/児童指導員/身体障害者福祉司/老人福祉指導主事/児童福祉司/知的障害者福祉司
※身体障害者福祉司と知的障害者福祉司は、卒業後2年間の実務経験が必要です。
※児童福祉司任用資格は卒業後、指定施設での実務経験(1年間)が必要ですが、社会福祉士国家試験に合格している場合は不要です。

卒業後の進路

社会福祉士の資格取得後、福祉活動専門員、ソーシャルワーカー、ケースワーカー、生活相談員などとして勤務

高齢者施設
保険医療機関
地域包括支援センター
市役所等行政機関
社会福祉協議会
 など
Student's Voice
社会福祉専攻