学部学科

[社会福祉学科]医療福祉心理専攻

社会福祉
学科
医療福祉心理専攻
Health and Welfare Psychology Research
医療福祉心理専攻

心理的ケアを行う「心の専門家」として福祉社会に貢献できる人材を育てます。

学びのポイント
現代社会が抱える心の問題を「心理」「福祉」の両面から考える

現代では多くの人が家庭や学校、職場などで心に起因する問題に直面し、心のケアを求めています。医療福祉心理専攻では、科学的に厳密な方法を用いて人間の心を理解するとともに、病院や施設での実習を通して、さまざまな問題の解決に貢献できる「心の専門家」となることを目指します。

学びの領域に合わせて目指せるダブル・トリプルライセンス

「社会福祉士+認定心理士」「社会福祉士+精神保健福祉士」「精神保健福祉士+認定心理士」「社会福祉士+精神保健福祉士+認定心理士」と、興味や進路に合わせて2つ以上の資格取得を目指すことができます。カリキュラムもそれぞれの受験資格取得に必要な科目がバランスよく学べるよう編成されています。

心のケアに必要な技能を豊富な現場実習で身につける

1~2年次では心理と福祉に関する基礎を学び、3年次から病院や施設での実習が始まります。現場での実践を通して授業では得ることのできない知識やスキルを修得し、ソーシャルワーカーとしての資質を養っていくと同時に、社会人や職業人に必要な能力や態度も身につけることができます。

医療福祉心理専攻履修例
精神保健福祉士+社会福祉士の資格取得を目指す
カリキュラム
医療福祉心理専攻

↑ 詳細はこちらをクリック

●…必修科目 無印…選択科目
※カリキュラムは一部変更になる場合があります。

推奨する資格

社会福祉士

認定心理士

社会福祉士

精神保健福祉士

精神保健福祉士

認定心理士

社会福祉士

精神保健福祉士

認定心理士

取得できる資格

社会福祉士(受験資格)/精神保健福祉士(受験資格)/認定心理士

任用資格

社会福祉主事/福祉活動専門員/児童指導員/身体障害者福祉司/老人福祉指導主事/児童福祉司/査察指導員/知的障害者福祉司
※身体障害者福祉司と知的障害者福祉司は、卒業後2年間の実務経験が必要です。
※児童福祉司任用資格は卒業後、指定施設での実務経験(1年間)が必要ですが、社会福祉士国家試験もしくは精神保健福祉士国家試験に合格している場合は不要です。

卒業後の進路

社会福祉士の資格取得を目指すとともに、精神保健福祉士の資格を取得して、精神科ソーシャルワーカーや生活相談員などとして勤務

医療機関(精神科、心療内科)
精神保健福祉センター
精神障がい者支援施設
社会福祉協議会
 など

臨床心理士の資格取得を目指して他大学の大学院へ進学

Student's Voice
こども福祉専攻