学部学科

経営福祉ビジネス学科

経営福祉
ビジネス学科
Department of Management Welfare Business
経営福祉ビジネス学科
「福祉」と「経営」、両方の知識を身につけた
問題解決型の人材となることを目指します。

福祉と経営はこれまで、あまり結び付けて考えられることはありませんでした。それは「福祉は人のため、経営はお金のため」という印象が強かったからかもしれません。しかし近年は、福祉現場でも経営の知識・技術が求められ、一般企業の中にも、福祉課題などに積極的に取り組むところが増えています。また、高齢者や障がい者、子育て家庭などを対象とした新しいスタイルの福祉ビジネスも次々と登場しています。この背景には、福祉だけあるいは経営だけではもはや解決できない課題があることを人々が認識するようになったことが挙げられます。福祉と経営を学ぶ意義は今後ますます大きくなっていくでしょう。経営福祉ビジネス学科では、福祉現場での仕事と一般企業のビジネスの両方に必要なマインド・知識・技術を学び、複雑・多様な問題の解決に取り組むことができる技能を身につけます。

目指す資格!

社会福祉士資格

実践キャリア実務士
ビジネス実務士

学科の特長

福祉施設の相談員から、施設の運営・経営、コンサルタント業務、一般企業ビジネスまで、さまざまな進路に対応する専門的な勉強ができるようになっています。将来の夢や希望に合わせて、自分に合った履修モデルと科目を選んでください。

特徴1 選べる履修モデル

ソーシャルワーク・福祉経営、福祉ベンチャー、グローバルビジネスの 3つの履修モデルを用意。
入学後、経営と福祉の基礎を学んだ上で選択することができます。

ソーシャルワーク・福祉経営モデル

社会福祉士の資格を取得し、ソーシャルワーカーとして活躍することを目指す人は、「社会福祉士養成指定科目」を中心に履修します。また将来、福祉施設などにおいて経営者を補佐したり、施設全体のマネジメントをしたりすることを目指す人は、「経営管理論」「経営組織論」など経営学の発展科目を履修します。

福祉ベンチャ―モデル

福祉ベンチャーとは、新しい福祉サービスや福祉製品を企画・開発する取り組みのことです。新しく企業をつくって取り組む場合もありますし、既存組織の中で取り組む場合もあります。福祉ベンチャーを目指す人は、「福祉ビジネス特論」「福祉機器論」「マーケティング各論」「社会的企業論」などを履修します。

グローバルビジネスモデル

福祉系科目で対人サービスの基礎を学修するとともに、ビジネスに必要な語学力と異文化理解力を修得するため、「英語表現法」「ビジネス英語」「ビジネス英語特別演習」「多文化共生論」を履修します。また、ビジネス実務に必要な知識・技術を修得するため、「ビジネス法」「ビジネス実務演習」「企業実習」などを履修します。

特徴2 専門的な授業

経営と福祉に関する知識を深めるための専門性の高い授業を1年次から少しずつ履修していきます。
その中から一部をピックアップしてご紹介します。

福祉ビジネス概論

1年次の必修科目として履修します。日本における福祉ビジネスへの理解を深めながら、福祉ビジネスの起業に焦点をあて、福祉ニーズのとらえ方、資金調達の方法、ビジネスモデルの構築方法などについて、事例研究を交えながら学修します。将来、福祉施設の経営、福祉ビジネスの起業を考えている人にとっては、具体的な知識と技術を学ぶことができる科目です。

多分化共生論

2年次の選択科目としてカリキュラムが組まれています。文化に関する基礎的な理論、多文化共生の基本的理念への理解を深め、「『違い』が『間違い』でない」こと、「みんな違って当たり前」であることを認識できるように、さまざまな国・地域の、さまざまな事例を通して学んでいきます。グローバル時代にふさわしい柔軟な感覚が身につきます。

Student's Voice
経営福祉ビジネス学科 井元 雪夏さん
経営福祉ビジネス学科
井元 雪夏さん
時代に先がけた、他の大学にはない学科です。

経営と福祉を両方学べるところに魅力を感じて経営福祉ビジネス学科を選びました。将来は福祉関係の施設を経営したいと思っているのですが、私が調べた限り、経営と福祉をどちらも勉強できるのは神戸医療福祉大学しかありませんでした。今高齢化も進んでいるので、福祉とビジネスを同時に学べるというのは未来を見据えた学科だなと感じています。高校までと違い、一つひとつの授業の内容が専門的で分かりやすく、充実した勉強ができます。それに、大阪キャンパスはさまざまな国からたくさんの留学生が来ているので、刺激的な毎日を過ごせますよ。

カリキュラム
    一年次 二年次
教養科目 基礎教育 ●キャリア演習Ⅰ  ●キャリア演習Ⅱ
●医療と福祉のあゆみ  
●医学概論  
●文章表現の技術  
総合教養 心理学Ⅰ 社会学Ⅰ
心理学Ⅱ  社会学Ⅱ
法学Ⅰ(日本国憲法を含む) 化学Ⅰ
法学Ⅱ 化学Ⅱ
政治学Ⅰ  外国史Ⅰ
政治学Ⅱ  外国史Ⅱ
経済学Ⅰ  
経済学Ⅱ   
倫理学Ⅰ   
倫理学Ⅱ   
日本史Ⅰ   
日本史Ⅱ   
生物学Ⅰ   
生物学Ⅱ   
情報と言語 マルチメディア演習A  マルチメディア演習B
英語表現法Ⅰ 中国語表現法Ⅰ
英語表現法Ⅱ  中国語表現法Ⅱ
韓国語表現法Ⅰ  フランス語表現法Ⅰ
韓国語表現法Ⅱ  フランス語表現法Ⅱ
◆日本語Ⅰ   
◆日本語Ⅱ  
◆日本事情Ⅰ  
◆日本事情Ⅱ  
ROSE  
健康と運動 健康と運動の科学  
生涯スポーツⅠ  
生涯スポーツⅡ  
  一年次 二年次 三年次 四年次
学科専門科目 ●社会福祉原論 ●障害者福祉論Ⅰ ●卒業研究演習Ⅰ ●卒業研究演習Ⅱ
介護概論Ⅰ 障害者福祉論Ⅱ ●医療福祉論 福祉専門職特別講座Ⅰ
●高齢者福祉論Ⅰ ●児童福祉論Ⅰ 社会保障論 福祉専門職特別講座Ⅱ
高齢者福祉論Ⅱ 児童福祉論Ⅱ 保健医療サービス論  
●ソーシャルワーク総論 社会調査論 ソーシャルワーク論Ⅱ   
ソーシャルワーク演習Ⅰ 地域福祉論 ソーシャルワーク演習Ⅲ   
●福祉ビジネス概論 福祉経営論 コミュニティーワーク論  
●経営学総論A 公的扶助論 司法福祉論  
●経営学総論B ソーシャルワーク論Ⅰ 福祉行財政と福祉計画論  
  ソーシャルワーク演習Ⅱ 権利擁護と成年後見  
  ソーシャルワーク実習指導Ⅰ ソーシャルワーク実習指導Ⅱ  
  介護技術基礎 ソーシャルワーク実習  
  簿記論 福祉専門職基礎講座  
  ビジネス実務総論 財務会計論  
  ビジネス実務演習 マーケティング総論  
  福祉機器論 公共経済学  
  福祉住環境学 産業心理学  
  経営組織論 企業実習  
  経営管理論 情報処理演習  
●健康福祉論 ◆ビジネス日本語A ◆ビジネス日本語特別演習A  
●社会福祉原論 ◆ビジネス日本語B ◆ビジネス日本語特別演習B  
●ソーシャルワーク総論 ビジネス英語A ビジネス英語特別演習A  
●コミュニケーション基礎 ビジネス英語B ビジネス英語特別演習B  
●高齢者福祉 福祉ビジネス特論 ビジネス法  
  多文化共生論 マーケティング各論  
  食糧経済論    
  社会的企業論    

●…必修科目 ◆…留学生用 無印…選択科目
※カリキュラムは一部変更になる場合があります。

推奨する資格

社会福祉士

実践キャリア実務士

ビジネス実務士

取得できる資格

社会福祉士(受験資格)/実践キャリア実務士/ビジネス実務士

任用資格

社会福祉主事/児童指導員/老人福祉指導主事/知的障害者福祉司/福祉活動専門員/身体障害者福祉司/児童福祉司
※身体障害者福祉司と知的障害者福祉司は、卒業後2年間の実務経験が必要です。
※児童福祉司任用資格は卒業後、指定施設での実務経験(1年間)が必要ですが、社会福祉士国家試験に合格している場合は不要です。

活躍のステージ

経営と福祉を学んだ人材として活躍が期待されます

1 福祉サービス事業(ソーシャルワーク[相談援助])

ソーシャルワーカーとして、日常生活が困難な人の生活全般にわたる相談に応じ、関係機関との調整を行いながら援助や解決を図っていきます。

2 福祉サービス事業者(経営・マネジメント)

将来は役員や管理職となって、事業経営の一翼を担ったり施設全体のマネジメントを行うなど、組織や施設の中核を担っていきます。

3 一般企業(福祉製品や福祉サービスの企画・開発)

福祉車両、介護食品、トラベルヘルパー、福祉理美容師など、複雑・多様な福祉ニーズに対応する新しい製品やサービスを企画・開発していきます。

4 一般企業(対人サービス)

福祉系科目やビジネス系科目で学修した対人サービスの心・知識・技術を活かし、ホテル、小売業、飲食業、銀行、人材派遣などの企業で活躍できます。

5 行政機関(福祉計画の策定等)

公務員という立場で、福祉施設などで指導、相談、調査などを行います。また、自分が生活するまちの福祉計画を策定したりします。