キャリアサポート

[卒業生からのメッセージ]児童心理治療施設ケアワーカー

子どもたちと深く関わる仕事。想像以上の厳しさに直面

井関
現在のお仕事について教えてください。
川口
ここには心理的に不安定な子どもたちが入所していて、彼らが安心して生活しながら社会で自立に向かっていけるようサポートしています。せっかくやるなら子どもとしっかり関わりたいと思い、この施設を選びました。保育所や学校の先生は限られた時間でたくさんの子どもを見なければいけませんが、この仕事なら子どもたちと長 時間一緒にいて生活を共にするので、成長もいっぱい見られると思って。
井関
実際、働いてみてどうですか?
川口
正直、思っていたよりも大変でした(笑)。特に働き始めたころは、暴言を吐いたりルールを守れない子どもが多くて、しんどい思いをたくさんしました。子どもと関わりたくてこの仕事を選んだのに…と思っていましたね

最初はうまくいかなくても経験を重ねることが助けになる

井関
そんな中でやりがいを感じるのはどんなと ころでしょう。
川口
最初は子どもたちのどこを見て接してあげたらいいのか分からなくて、毎日同じことで注意したり怒ったりしていました。でもあるとき、子どもたちに求めすぎているのかなと気づくことがあって。それまではできないところばかり見ていたのですが、例えば昨日できなかったことが今日はできたとか、見方を変えてみると子どもって確実に成長しているんです。だからいいところをいっぱい見つけて、それをちゃんと伝えてあげたいと思うようになりました。それに気づいてからは、子どもたちとの関係が良好になってきたと感じますね。
井関
私は将来、子どもと関わるだけでなく保護者の人の助けにもなれるような仕事につきたいと思っていて、ボランティアにも何回か行ったのですが、戸惑うことばかりでぜんぜんうまくできなくて…。今のうちにやっておいたらいいことがあれば教えてください。
川口
私もそうでしたが、最初はできないのが当たり前だし、周りもそんなにレベルの高いことは求めていません。私の場合は学生のころに、幼稚園ボランティアのサークルに入ったり、子ども会のお世話をするキャンプカウンセラーのボランティアをしたりしていました。そういう活動を通して子どもたちの可能性にあらためて気づけたし、社会人になる上での基礎のようなものが学べたと思います。時間がある学生のうちに、いろいろな経験をしておくといいですよ。

毎日の仕事にやりがいを見つけて伝えていくのも自分の役割

井関
仕事を続けていく上で大切にしていることは何でしょう。
川口
どんな仕事でも言えることだと思いますが、やっぱり楽しくなければできないと思います。やりがいや手応えがあることがすごく大事。私も、これがあったから今日一日頑張ってよかったなと思えることを毎日探すようにしています。子どもからの何気ない、うれしい一言ですごく頑張ることができるので、そういうことは大事にしていきたいですね。
井関
最後に、今後の目標を教えてください。
川口
6年目に入ったのですが、年数が上がるに つれて責任のある役割も増えてきました。今は、 他の地域の同じような施設の方々と連携する仕 事をしていて、それにもやりがいを感じています。 これからは、この仕事のいいところや魅力をたく さんの人に伝えていきたいです。
この仕事のやりがいと魅力

大学生活を通してたくさんのことにチャレンジできます。実習やサークル、ボランティア活動など、学生の間はさまざまな経験をするチャンスがあります。私も今しかできないことをしたいと思い、特にキャンプカウンセラーのボランティアを一生懸命やった結果、進路決定や就職活動にとても役立ちました。大学もそういう活動をサポートしてくれるので、最大限活用して視野を広げていってください。