キャリアサポート

[卒業生からのメッセージ] 精神科ケースワーカー

さまざまな人と触れ合う中で人間としての成長を実感

入江
宝塚三田病院は精神科の専門病院ですね。ケースワーカーとしてどのようなお仕事をされているのですか?
黒川
患者さんやご家族がお持ちの悩みや心配事をお伺いし、力になれることをしていく、お手伝いさせていただくというのが私の仕事です。具体的には、面談や電話でお話を伺ったり、専門の施設をご紹介したり、地域や関係機関との連携を取るといったことになります。相談内容はご家庭のお悩みから金銭的なことまでさまざまで、すべ て解決できるわけではないのですが、いったんはここで受け止めてできる限りサポートさせていただいています。
入江
どういう部分におもしろさや、やりがいを感じますか?
黒川
患者さんやご家族、他の職種の方などたくさんの人と触れ合うことで、自分にとって多くのものを得られます。出会いを通して、これまでより知識の幅も人間としての幅も広がりました。日々発見があるし勉強になることばかりで、今はそれがとても楽しく充実しています。例えば、ご相談を受けたときに自分の知らないことがあれば専門的に勉強して、次にまた同じご相談をいただいたとき、あ、これは勉強したので分かる、という風に、自分自身の成長を実感することができます。

資格取得も進路決定もサポート。大学と先生と友だちに感謝

入江
神戸医療福祉大学の魅力はどういうところだと思いますか?
黒川
やっぱり資格取得に力を入れているところは大きいです。私が資格を取れたのも、この大学に通っていたからこそだと思います。本当は勉強がすごく苦手なんですが、集中講座があったり先生方が親身になって教えてくださったりと、本当にサポートが充実していましたね。それと、一緒に勉強できる友達がいたので、モチベーションを維持することができました。
入江
私も資格を取ろうと思っているのですが、将来やりたいことが決められません。ボランティア活動が好きで中学生の頃から参加しているのですが、どんな施設も楽しくて…。黒川さんはなぜ今のお仕事を選んだのですか?
黒川
在学中にお世話になった先生から、現場の体験談を聞けたことが大きかったです。仕事内容を具体的にイメージすることができ、この仕事を選ぶきっかけの一つになりました。それにしても、ボランティア活動をたくさんされているなんてすごいですね!進路に迷ったら、先生に相談してみることも一つの方法です。親身になって聞いてくれますよ。

周囲に支えられながら理想の相談員を目指し努力

入江
お仕事がとても充実しているようですが、しんどいなと思うことはないんでしょうか。
黒川
自分の力不足を感じたときには落ち込みますが、もうつらくてどうしようもない、という経験はないですね。患者さんにありがとうと言ってもらえると心が温かくなるし、職場の方々にも助けていただいているので。
入江
最後に、今後の目標を教えてください。   
黒川
まだまだ知らないことだらけなので、必要な知識や技術をしっかり身につけて、相談をしてくださる方に失礼のないようにしたいです。目標とする先輩方が周りにいるので、そこに少しでも近づけるように、相談員としても人間としても成長したい。そして、私に相談してよかったと言っていただけたらとても幸せです。
この仕事のやりがいと魅力

同じ夢に向かって支え合える“同志”が得られます。神戸医療福祉大学は同じ目標を持った学生が集まるので、勉強をする上でも大学生活を送る上でも、お互いに助け合える存在になります。私自身、資格試験に向けて勉強するときには、同じ学科の仲間と励まし合いながら最後まで頑張ることができました。学生時代に深い関係が築けた友達は、卒業してからも大きな財産になりますよ。