キャリアサポート

[卒業生からのメッセージ] 社会福祉士

卒業生メッセージ 社会福祉士

介護の経験を活かしし社会福祉士として高齢者をサポート。

伊藤
今のお仕事について教えてください。
下田
鳥取市役所内の地域包括支援センターで、高齢者を対象とした総合的な相談応対や支援に携わっています。例えば虐待に対する相談や支援、成年後見制度の権利相談やサポートなど、人権や権利擁護に関する相談や支援を行っています。
伊藤
なぜ今のお仕事を選ばれたのですか。
下田
大学卒業後は介護福祉士として高齢者施設で働いていました。認知症の人も多く、時にはターミナルケア(終末期看護)を行うこともありました。介護職を経験後、社会福祉士の資格を持っていたことから、相談員として活躍することになり、入退所の支援やご家族の相談を受けるうちに、施設内だけでなく、施設に来られない方も支援できればと思い、市役所を受験しました。
伊藤
支援の幅を広げたいと思われたのですね。
下田
施設に入られている方では比較的少ないのですが、実際のところ、家庭で虐待を受けている高齢者は多いですね。家族関係が複雑だったり、解決するのが困難なケースも多くあります。
伊藤
気持ちが折れたりすることはありませんか。
下田
地域包括支援センターには保健師、社会福祉士、主任ケアマネージャーの3職種がいます。いろんな視点で意見をもらったり、知恵を出し合って「こうしよう」と、みんなで協力し合っています。

数々の経験や資格のおかげで自分のやりたい道へと進めています。

伊藤
介護職を経験した強みはありますか。
下田
役所内にはケアマネージャーさんも多くいるのですが、入所の話などに関しては詳しく話せる方は少ないので、施設内の話も詳しくできることですね。あとは病院や施設など、幅広い人間関係ができたことです。
伊藤
先輩は学生時代、どんなことを学ばれたのですか。
下田
介護福祉士になりたいと考えていて、実習では障がい者施設や高齢者施設に行きました。実習が終わってからもボランティアで施設訪問し、その頃から行政に対しても興味を持つようになりました。そこで、神戸医療福祉大ならダブル資格が可能なので、社会福祉士資格も取得することにしました。
伊藤
資格があると将来の幅も広がるし、心強いですね。
下田
社会人になってから取るのは大変ですしね。

人を支える仕事だからこそ自身の成長が大切です。

伊藤
福祉の仕事に必要ことは何ですか。
下田
今の部署は相談件数が多く、一人ひとりにあまり時間をとることができません。だからこそ少ない時間の中でもうまくお話を聞き、高齢者の方を尊重しながら支援ができればと考えています。これはどんな職場でも大切なことかなと思っています。
伊藤
学生時代の経験で、今も役立っていることは何ですか。
下田
友人関係でしょうか。今も施設で働いている友達と相談をしたりしています。あとは学友会に入っていたので、学科や学年を越えていろんな人と関わることができたのも役立っています。
伊藤
僕もいろいろ経験して、自分の道をしっかり見つけたいと思います。
下田
私も今は高齢者分野の経験しかありませんが、今後は障がい者、児童福祉、低所得者など他分野も経験し、社会福祉士としてステップアップしていきたいと考えています。伊藤さんも一緒に頑張りましょう!
この仕事のやりがいと魅力

福祉の仕事は本当に大変で、思うようにならないことも多い かもしれません。ですが、人間一人ひとりの人生に深く関わる ことができる、やりがいのある仕事です。人間として大きく成 長できる仕事だと思っているので、ぜひたくさんの方に福祉 について学んでいただき、今後いろんな現場で活躍してほし いと思います。