社会福祉学科

福祉心理コース

コースの特長

現代社会は老若男女を問わず多くの人が「心のケア」を必要としています。高齢者や障がい者に対する心理的支援といった福祉の問題にはじまり、幼児虐待や育児放棄、ドメスティックバイオレンスなどの家庭問題、いじめや不登校、非行といった教育問題、さらには職場 におけるハラスメント、ストレスや鬱などのメンタルヘルスに関わる問題など、これらに対処できる「心の専門家」の養成が必要とされています。
本コースでは科学的に厳密な方法を使って、人間の心や行動を理解し、施設や病院での実習を通して「心のケア」をサポートする知識と技術を学ぶことで、心の専門家として地域や 家庭、学校、職場でのさまざまな問題の解決に貢献できる人材の養成をめざします。

 

カリキュラムの特色

心理学と福祉学の2本柱をカリキュラム編成してあり、社会福祉士と精神保健福祉士の国家試験受験資格取得に必要な科目がバランスよく学べるようになっています。また、1 ~ 2 年次では,心理と福祉の基礎的な知識を身につけ、3 ~ 4 年次ではより実践的で専門的な視点を学べるような授業科目を設けています。
なかでも3 年次よりはじまる施設実習では、現場を通して専門的な知識やスキルを広げることができるだけでなく、社会人、職業人として自立していくために必要な能力や態度を身につけることも可能に。さらに自分への気づきが多く将来やキャリア形成を考えることができる重要な機会でもあります。

 

資格

【 取得可能な資格 】
精神保健福祉士(受験資格)/社会福祉士(受 験資格)/認定心理士
【 任用資格 】
社会福祉主事/児童指導員/児童福祉司/ 身体障害者福祉司/老人福祉指導主事/知 的障害者福祉司/福祉活動専門員
【希望者がチャレンジできる資格】
ホームヘルパー2 級/福祉住環境 コーディネーター2・3 級 など

 

 

カリキュラム

 

卒業後の進路

精神保健福祉士の資格を取得し、医療機関(精神科、心療内科)や精神保健福祉センター、また精神障がい者支援施設などで、 精神科ソーシャルワーカーとして活躍する道 が開かれています。あるいは、社会福祉士として社会福祉協議会、特別養護老人ホームなど幅広いフィールド・職種で活躍すること が可能。
さらにレベルアップをめざして臨床心理士の取得を考えている学生には、他大学の大学院への進学サポートも行っている。

目指せる職業を動画で紹介

精神保健福祉士  臨床心理士  社会福祉士  訪問介護員  福祉住環境コーディネーター  
児童指導員

STUDENT VOICE