公開講座

2018年度 春の公開講座(神戸三宮サテライトキャンパス)[全3回]

【報告】第1回 公開講座(姫路キャンパス)について

2018-11-21
【報告】第1回 公開講座 「スーパーフード“もちむぎ”の健康効果」 

 

 毎年恒例の姫路キャンパス公開講座が、11月14日(水)から始まりました。今年の公開講座は、神戸医療福祉大学が取り組んでいる「健康」と「グローバル」の2つの視点から、健康づくりや福祉社会の新たな未来について考えることを目指しています。

 初回講座は、豊山恵子教授による「スーパーフード“もちむぎ”の健康効果」でした。“もちむぎ”は大学が位置する福崎町の特産物として広く知られています。もちむぎには水溶性食物繊維β-グルカンが特に豊富に含まれており、近年その健康効果が世界的にも、日本国内でも注目を集めています。

 今回の講座では、栄養学の視点からもちむぎの持つパワーについて最新の知見を盛り込みながら解説しました。講座の後半では、具体的な摂取量やおいしい食べ方などについても話題が広がりました。

 

 

 今年の公開講座では、神戸医療福祉大学が福崎町などと共同開発した、「もちむぎパンケーキミックス」を特別価格にて販売しています。講座の内容に興味を持たれたのでしょうか、多くの方にお買い求めいただきました。

 


<右写真:本多学部長 開会の挨拶>

(講座担当:石井 恒生 教授)

 

 平成31年になりました。あと少しで平成時代も終わりを迎え、新たな未来が始まろうとしています。平成30年度の公開講座では、こころとからだの健康を高めることを目指します。間もなく訪れる新しい時代をいきいきと過ごす準備をしてみませんか。皆さまお誘いあわせの上、ご興味を持たれた講座にぜひご参加ください。

オープンキャンパスお申込み