在学生の方へ


新型コロナウイルス感染症に関する対応について

勝田ゼミから被災地障がい者みなさまへのエール

2011-05-16

勝田ゼミではこの3月、東日本大震災の被災地、陸前高田市出身のゼミ生、菅野大君を送り出しました。彼は故郷にもどり、社会福祉法人 大洋会様に就職し、被災地の障がい者とともに汗を流しています。配置されたのは障がい者自立支援法の就労継続支援B型施設、青松館です。障がい者の皆さんがクリーニング業・廃油再生バイオ燃料つくり・軍手つくり・印刷業・出張清掃などの作業に携わり社会復帰を目指しています。
  しかしながら、震災の爪あとは対象を選びません。バイオ燃料の原料になる廃油を供給してくれていた飲食店、クリーニングのお得意さん・・・多くが津波に流され深刻な影響を受けています。
 勝田ゼミでは、菅野君から寄せられる被災地の現実を学習しながら、エールを贈ることにしました。色紙やデザイン布などに色とりどりのメッセージ。兵庫県のマスコット、はばたんも(一部、弓道部の諸君にも手伝っていただきました)。ゼミで出し合った義援金とともに発送。その後、施設長様から直々のお礼のお手紙をいただき、大変恐縮しました。
  兵庫と岩手、物理的距離は遠いですが、ゼミOBを接点に学習を続けてゆきたいと思います。
  陸前高田の障がい者の皆さん、スタッフの皆さん、一日も早い復興をゼミ一同、心から願っております。