在学生の方へ


オンライン公開講座

新型コロナウイルス感染症に関する対応について

緊急事態宣言解除後の大学の方針について

2021-02-27
緊急事態宣言解除後の大学の方針について【3月1日より】

令和3年2月27日(土)

学生、保護者、ご父母等の皆様へ

 

 緊急事態宣言の解除を受けて 大阪府、兵庫県を含む6府県は、新型コロナウイルスの感染拡大の影響から発出していた緊急事態措置の3月7日(日)までの期限を前倒しして、2月28日(日)をもって解除することを決定しました。

 大学は、これまで発出された緊急事態宣言を重く受け止め、学生の皆様の安全・安心な生活を守ることを優先し、苦渋の判断で学生寮を原則閉鎖としていました。また、同期間中は皆さんが励んでおられる課外活動等も感染リスクの回避から中止措置を要請してまいりました。

 

 緊急事態宣言が解除されたことに伴い、姫路キャンパス学生寮の閉鎖措置を解除します。また、課外活動等についても中止措置を解除します。以下の大学の方針に従って行動してください。

 【緊急事態宣言解除後の大学の方針】 緊急事態宣言解除日の翌日3月1日より、課外活動等の中止措置を解除*1)し、活動再開可とします。ただし、皆さんの心身のコンディションを考慮した段階的な再開*2)としてください。 緊急事態宣言解除日の翌日3月1日より、姫路キャンパス学生寮の閉鎖措置を解除し、帰寮可*2)とします。

 

 ただし、引き続き、次年度が皆様にとって明るく有意義な学生生活となるよう、学内での感染リスクを回避する行動の徹底をお願いします。具体的には、学生寮内の居室の往来や学生食堂での食事中の会話を控えること、また課外活動時の感染防止行動を徹底してください。また、感染が流行している県外への移動を控えること、外出の際の感染防止対策の徹底など、今後も感染の再増加を防止するための取り組みが求められます。

 今後もより一層の感染予防対策をとり、自分と大切な人を守る行動を心がけてください。

 

神戸医療福祉大学 人間社会学部

学部長 中山忠彦

 

 

*1)課外活動等の中止措置解除は全学共通です。

*2)2月28日(日)中の帰寮はできません。3月1日(月)から課外活動(クラブ活動)を再開する場合でも、帰寮は3月1日から可能になります。課外活動(クラブ活動)のリーダーは、所属メンバーの帰寮計画に無理が生じないように活動の再開スケジュールを計画・連絡してください。