全学共通

2021年度授業の運営方針について

2021-03-16
令和3(2021)年度 授業の運営方針について

 

 令和2(2020)年度は、新型コロナウィルス感染症が世界的に急速に流行するなか、本学学生やその関係者のみなさま、および学内教職員の健康と安全の確保を第一に考え、ほとんどの授業を遠隔形式により開講してきました。

 まもなく新たな年度を迎える時期となりましたが、現状において新型コロナ禍の収束を見通すことは困難と言わざるをえません。また今年度は、高等教育における遠隔形式による授業の新たな可能性を実感するとともに、学生と教員が対面して学びを深めることの重要性を再認識する一年であったと言えます。

 そこから、本学では、令和3(2021)年度の授業を以下の方針で運営していきます。

 

 【令和3年度 授業の運営方針】 1) 実技・実習・演習・実験に係る授業、技能や語学の修得を主たる目的とする授業
 十分な感染防止対策を講じた上で対面形式により実施します。ただし、教育効果の観点から有益と認められる場合は、授業の一部を遠隔形式で実施する場合があります。 2) その他の授業(主として講義科目)は、原則として遠隔形式により実施
 ただし、授業内容や受講者数などの状況により、授業の一部を対面形式で実施する場合があります。 3) 本学LMS(Learning Management System)“Active Academy”の活用
 対面形式で授業を実施する科目について、詳細情報をここで通知します。授業形態に関わらず、授業に関する連絡、授業資料の配布、課題の提出で活用します。

 

 学生のみなさまにおかれましては、引き続き、遠隔形式による授業を受講する情報環境(インターネット利用環境やコンピュータなど)を準備するとともに、対面形式で実施する授業では大学に登学して受講する態勢を整えるようにお願いいたします。 また、授業形態に関わらず、授業資料の配布、レポートや課題の提出、大学や教職員からの連絡などのためにインターネットやLMSのWebサイトを活用します。

 

神戸医療福祉大学 人間社会学部

学部長 中山忠彦

 

 問い合わせ先 神戸医療福祉大学 教務課
電話:0790-22-5125
電子メール:kyomu@sw.kinwu.ac.jp