スポーツを続けたい人にとって絶好の環境に恵まれた神戸医療福祉大学。
自分を成長させ、夢だった実業団でバスケットボールを続けています。

バスケットボール部選手

廣山 雅尚

2020年卒業
信和建設バスケットボール部選手
信和建設株式会社 施工管理

実力のある指導者や、トレーニング環境
バスケットボールに打ち込める環境が揃っていた

小学3年生から続けていたバスケットボールに、大学でも引き続き打ち込みたいと思って探していたところ、神戸医療福祉大学に出会いました。
1~6部ある関西学生バスケットボール連盟の中で、私が入学した当時は4部に所属していました。年々昇格はしていましたが、3部から2部に上がるかどうかという時に個人的には骨折をしてしまい、部としても悔しさが残る結果になってしまいました。その経験をバネに、翌年には3部で全勝優勝し、2部に昇格。キャプテンを務めた4年生の時には1部に昇格することができました。兵庫県選抜選手としても2年生から3年間、国民体育大会に出場しました。その経験はチームにも反映し、貢献できた部分もあると思います。
神戸医療福祉大学は、周りには山があり、坂もあり、トレーニングをしやすく、スポーツをするにはとても良い環境です。勉強にも部活動にも厳しいのが男子バスケットボール部。他府県出身者が多く、全員が寮生活です。初めは慣れないことも多いと思いますが、勉強にもバスケットボールにも集中できる良い環境で、社会へ本格的に独り立ちする前に自立心を養える良い機会となりました。親への感謝がとても強くなりましたよ(笑)。
大学としても、バスケットボール部だけでなく運動部全体へ実力のある監督や指導者を招聘するなどし、部活動のサポートに力を入れてくれています。男子バスケットボール部には留学生もいて、一部リーグにも所属しており、高いレベルを目指せる素地が揃っていると思います。
1年生から4年生の間で監督にかけてもらった言葉はたくさんあります。自分自身では気付けなかった弱点を教えていただき、克服することができたことなど、この4年間の数々の経験が自分を大きく成長させてくれたと実感しています。

人に動いてもらうにはどうしたらいいのかを、大学での学びとバスケットボールで得た

健康スポーツコミュニケーション学科では教職課程を取っていたので、1ヶ月間の教育実習にも行きました。男子バスケットボール部のキャプテンとしての経験や、その教育実習の経験から、強く言うべきところや温かい言葉をかける場面の見極め、人を見る目や指導力、どう話せば人が動いてくれるのかを学びました。今は建設現場で施工管理の仕事をしていますが、実際に現場で職人の方々に動いていただく場面で確実に活かされています。
具体的な仕事内容としては、大規模な現場の内装に関係する部分の管理を任せてもらっています。職人の方々の安全を守るため、お客様への品質を守るため、手直しが発生しないように考え工程を組んでいます。多くの人が動き、高い品質で大規模な建物が完成する。1年目からでも任せてもらえる部分が大きく、良い結果も悪い結果も、もたらすのは自分次第です。そこにやりがいと達成感があります。その頑張りを上司が見てくれているのも分かるので、尚更頑張ろうという気にもなっています。
仕事に対して常に向上心をもって取り組んでいますが、それは健康スポーツコミュニケーション学科で学び、バスケットボールを通じて得た姿勢だと思っています。学生時代は建築に全く携わっていなかったので、勉強しなければならないことは多いですが、今も資格取得を目指して、宅地建物取引士と2級建築施工管理技術検定などの勉強を続けています。

現場での仕事と、実業団選手としての自分に充実感

バスケットボールを続けたくて実業団を探していたところ、監督の紹介もありトライアウトを受けました。また企業説明会にも参加してアットホームな雰囲気にもひかれ、自分の夢をかなえられるのはこの会社だと思いました。就職する前は実業団選手としての将来を考えていましたが、この仕事そのものにもやりがいを持っています。平日の5日間は現場に出て、仕事の後や週末に練習やトレーニングを行っています。とても忙しそうだといわれますが、自分にはこのペースがとても合っていて、日々充実しています。
将来は、信和建設バスケットボール部主将と現場所長になることを目指しています。まだ当社で両方を達成した人はいないので、私が初になってみせます!

scroll