皆さんの“誰かのために働きたい”という思いが社会を支える大きな力になる

児童指導員

前田 昌紀

2020年卒業
児童指導員
ファミリーホームすずらん 運営者
社会福祉法人 美輪湖の家 グループホームすずらんの家

本当の家族のように愛情が感じられる毎日を心豊かに成長する子どもの姿が喜びです!

父の後を継ぎ、実家のファミリーホームを運営しています。この施設の役割は、家庭内で愛情を受けられなかった子どもたちに心豊かで安心できる生活環境を提供し、社会人への成長を支援すること。傷ついた子どもが少しずつ元気を取り戻し、悲しみや苦しみ、喜びを感じながら生きていく…。その姿を身近で見守れることが大きなやりがいです。
不登校だった子が本施設での生活を通して大学まで進学し、立派に社会へ巣立った時の話です。「この家に来てよかった。みんなと家族のように過ごせて幸せだった。」と言ってくれたことは、今でも忘れることのない感動的な瞬間です。今後も多くの子どもと喜びを共有できるよう、親身な支援を続けていきたいと思っています。

私の成長を力強く支えてくださった先生方のおかげで、施設を継ぐ決心が出来た

里親をする両親のもと、家に預かる子どもと実の家族のように暮らしてきました。年下の子どもたちの相談相手となることもしばしばありました。義理の関係ではありますが、弟や妹たちの幸せそうな笑顔を見ることが大好きで、血のつながりを越えた信頼関係を築くことができたのではないかと思っています。そのため、大学1年生で実家の施設を継ごうと決意したのも、自分にとっては自然な成り行きでした。
ですが決意できたのは、何よりも大学の先生方のサポートがあったからこそでした。もともと将来は両親と同じ仕事をしたいと考えていたので、福祉と経営の両方を専門的に学ぶことができる神戸医療福祉大学を選びましたが、入学当初は「自分にも両親のようにできるのだろうか」と不安に思うことばかりでした。そんな漠然とした不安を吹き飛ばし、夢や理想を現実のこととして考えることができるようになれたのは、先生方がいてくださったおかげです。授業はもちろん、個人的な悩みにも親身に応えてくださり、私の成長を力強く支えてくださったからこそだと感謝しています。
現在は施設を経営するかたわら、グループホームの職員としても働いています。利用者の方々への日々の生活支援から役所・関連施設との連携、さらにはホーム経営のための思考・行動と、幅広い業務をこなさなければなりません。大学時代に学んだ専門的な知識が、今の自分を支えてくれています。
また、日々のコミュニケーションが大切な福祉の現場において、留学生をはじめさまざまな文化や個性を持つ人々と交流を重ねられたことも貴重な経験です。あらゆる手法を活用し、相手に伝わりやすいコミュニケーションを実践できているのは、出会いも体験も充実した大学生活のおかげです。
今後は、地域福祉との連帯強化を図るべく、同業者の皆さんと悩みや情報を共有できる交流の場を作っていきたいと思っています。

困難な状況だからこそ、福祉のプロにはより強い責任と使命感が求められる


人にしてもらって嬉しかったことや、されて悲しかったこと。誰もがそんな経験を持っていると思います。福祉の現場も同様で、まず自分が経験した“嬉しいこと”を実践する姿勢が大切です。もちろん相手の意思の尊重が大前提ではありますが、そうした親身な対応やサービスはきっと相手に伝わると思っています。コロナ禍の現在、心身の弱っている人を守るためにも、福祉のプロはより強い責任と使命感が求められています。だからこそ皆さんが持つ“誰かのために働きたい”という意思は、社会を支える大きな力になるでしょう。勉学だけでなく、今しかできない交流や体験もめいっぱい楽しんで、豊かな心と広い視野を備えた素敵な人へと成長してください。

scroll