福崎町出前講座(未来社会論)

今回は2回目のフィールドワークの準備のため地域連携協定を結んでいる福崎町役場から出前授業という形で職員2名を講師として派遣していただきました。大学としても福崎町が出前授業という制度を設置し職員を講師派遣する体制を作ってから初めての制度利用となります。今後の大学と町との地域連携もますます深まっていきそうです。

本学の姫路キャンパスがある福崎町は住みやすい町として定評があります。以前には、AERAという雑誌で「移住したい自治体ランキング」の近畿1位(同率で三重県東員町)になったり、大東建託が実施した幸福度ランキングで兵庫県1位になったりしました。

授業は、第1回のフィールドワークで確認した「妖怪ベンチ」町おこしの実態から行政による地域活性化政策について学び、第⒉回で町の施設を見学し理解を深めるため、福崎町の企画財政課と地域振興課の職員に来ていただき、福崎町の町づくりについて授業をしていただきました。

企画財政課 山本克典 様
地域振興課 藤田裕文 様

福崎町では、新品種の「ふくみファイバー」というもち麦の生産が始まり、もち麦を活用した特産品を様々開発しています。そして、民俗学者柳田國男が生まれた土地柄から妖怪による町おこしも盛んです。学生は以前にフィールドワークで福崎町内を歩いて妖怪ベンチを見て回っています。福崎町が妖怪で町おこしをしていることはよく知ったうえでの授業参加です。講師の職員の方からは、新たに「洗濯狐」の妖怪ベンチが設置されるという情報もありました。それから12月24日にも福崎町内でフィールドワークを行い、「もちむぎのやかた」を含む、いくつかの施設を回る予定になっています。

授業内容としては、少子高齢化や人口減少の時代の中、町の課題として住みやすいまちづくりを進めている話やどんな事業・取組みを行っているか、それから特色ある観光まちづくりをしているかなどの話があり、地域活性化の勉強になりました。

講演後、学生や先生方から質問があり、それにも丁寧に答えていただきました。

お忙しい中での講演、どうもありがとうございました。

【報告】ソーシャルワーク実習報告会を行いました。(大阪天王寺キャンパス)

2022年12月23日(金)
ソーシャルワーク実習指導Ⅱの授業で、実習報告会を行いました。

3名の学生が、各自発表テーマを決め、実習を終えて学んだことや印象に残っていることなどを発表しました。



写真上から・・・
小沼 洋基さん   (実習先:たがわ福祉センター 海萌
河上 凌さん    (実習先:障害福祉サービス事業所 日本ライトハウス わくわく)
ジョアン シャオ ルンさん   (実習先:特別養護老人ホーム 四天王寺きたやま苑)



実習に参加した学生の皆さんは、様々な経験を経て大きく成長できたのではないでしょうか。この経験を糧に更なる成長を目指してください。
施設の方々には、実習という貴重な学びの機会を与えて頂きまして、誠にありがとうございました。また、ご迷惑をお掛けすることもございましたが、施設の方々の温かいご指導のお陰で、無事に実習を終えることができました。
親身になり、ご指導をしてくださったこと、心より感謝申し上げます。

クリスマス会を開催しました!(大阪天王寺キャンパス)

2022年12月23日(金)
お昼休みの時間帯に、大阪天王寺キャンパスにて“クリスマス会♪”を開催しました。

やっぱり!クリスマスといえば・・・
ケーキやチキン!いっぱい食べてね!


なんと!先生方によるハンドベル演奏!
一気にクリスマスモードに!

ハンドベル演奏は・・・下記の動画でお楽しみ下さい♪

クリスマス会の最後は!
抽選会!“当たりますように”と願いながら・・・
次から次へと豪華賞品をGET!!!



学友会のみなさん、お疲れ様でした。
昨年はコロナ禍でのオンライン開催で、今年の開催も危ぶまれておりましたが、十分な感染対策を行いながら、無事にみんなでワイワイ!開催することができたこと、本当に嬉しく思っております。
学友会主催のイベントを今後も楽しみにしています。