【プレスリリース】福崎町・神戸医療未来大学・株式会社寺尾製粉所による「特産もち麦振興に関する産官学連携協定締結式」を開催

福崎町と神戸医療未来大学及び㈱寺尾製粉所は、福崎町特産のもち麦を活かしたまちづくりを進めるため、研究、商品開発、利用・販売促進などについての取組を行うためR4.12.9 に産官学連携協定を締結します。
令和4年度は、兵庫県の「アグリビジネス創出支援事業補助金」を活用し、「もち麦豆腐」や「もち麦コーヒー」等、従来にない商品の開発に着手しました。商品化の際は、県内各施設へお土産品や業務用商品として提案し、福崎町のふるさと納税返礼品への登録も検討しています。

【もち麦豆腐】
(小売用及び業務用を製造予定)

【産官学連携協定締結式・もち麦新商品概略説明】

  • 日 時 : 令和4年12月9日(金)13:00から
  • 場 所 : 神戸医療未来大学A棟8階
    ※カメラ撮り可

【主なポイント】

  • 連携協定締結にかかる役割分担説明
  • もち麦豆腐試作品の紹介、試食等
  • 今後の流れについて

※現地取材にお越しいただける際には、「取材申込用紙」により、事前ファックス・メール又は電話にてご連絡をお願いいたします。

福崎特産もち麦振興に関する産官学連携協定締結式 取材申込用紙

【問い合わせ先】
福崎町 林振興課(薮内)地域振興課(藤田)
(電話)0790-22-0560(314・392)

徳島県立板野高校と高大連携協定を締結

2022年11月10日、徳島県立板野高等学校と高大連携協定を締結しました。

調印式には、板野高等学校から佐山哲雄学校長、神戸医療未来大学からは、都築仁子学園総長、都築明日香学長、髙橋広副学長、後藤靖司教授が出席しました。

この協定は、高校教育・大学教育の活性化を目的に、教育課程、SDGs等についての相互の研究及び交流を図ることを目的として締結されました。

<協定の概要>

  • 大学教員による高校への出張講義
  • ライブ講義等、大学の授業科目への特別聴講生の受入れ
  • 大学の教育研究施設及び付帯施設等の利用
  • 大学に在籍する学生コーチの高校運動部への派遣
  • 大学の留学生と高校生との異文化交流
  • 大学教員と高校教員との教員間の交流
  • 教育・スポーツについての情報交換及び交流

アフタヌーンティーを楽しみながら、今後の教育活動や高大連携について意見交換を行いました。

【報告】神戸新聞 ダンスサークルの活動掲載

この度、9月に富山県で開かれた創作ダンスの全国大会での受賞作品”感情メトロノーム”について神戸新聞さんに掲載して頂きました。
この作品のテーマやストーリー、本番前の学生たちの心情や練習内容など、沢山取材をして頂き、作品が完成するまでのことを振り返る事ができたようです。

今回の大会に参加した2人とも、0から作品を創る事が初めてで分からない事が沢山あり、作品のテーマである感情の同調や同調していた2人の感情のずれ、真面目にならずユーモアを出しながら表現するなど、とても難しいことが多々あったようです。
しかし、そうした難局も”とにかくやってみる”という2人のモットーが解決してくれ、お互いの意見を出し合ったり、部長の山口先生から受けた指導内容を前向きに受け止めひたすら練習に取り組んだりと、大会に向け工夫を凝らしたとのことです。

本番ではその場の雰囲気に飲まれないように2人で声を掛け合ったり、山口先生の力強い”大丈夫!”の言葉を胸に刻んだりすることで、2人の全力を出し切る事ができ、入賞を果たすことができました。

一つの作品を創ること、ステージに立って人前で踊る事、他大学の踊りを間近に感じる事ができたこと、これらの経験は2人にとって間違いなく良い経験になったことだと思います。

神戸新聞さんにダンスサークルの活動を大きく新聞記事にして頂いたことをきっかけに、これからの活動をさらに広げていき、大学関係者のみならず地域の方々からも応援してもらえるように前に進んでいきます。
今後とも本学ダンスサークルの応援をどうぞよろしくお願いいたまします。