教員紹介

教員紹介アイコン

浦田 達也  ウラタ タツヤ

URATA,Tatsuya

人間社会学部 健康スポーツコミュニケーション学科
准教授
修士(スポーツ科学)[大阪体育大学]

教員紹介アイコン
研究分野 健康・スポーツ科学
専門分野 バイオメカニクス・トレーニング科学・生体情報解析
研究キーワード 動作分析(画像処理)・動作中の筋活動分析・幼児児童

基本キャリア

出身大学院

2013年3月 大阪体育大学 スポーツ科学研究科 バイオメカニクス専攻 博士後期課程(スポーツ科学)単位取得満期退学

学内職務歴

2020年4月-2021年3月 健康スポーツコミュニケーション学科 学科長補佐
2019年4月-継続中 准教授
2017年4月-2019年3月 専任講師

学外略歴

2015年4月-2017年3月 関西大学人間健康学部 特任体育講師
2013年4月-2015年3月 大阪体育大学大学院スポーツ科学研究科 助手

所属学協会

2010年-継続中 日本体育学会
2010年-継続中 日本バイオメカニクス学会
2010年-継続中 大阪体育学会
2013年-継続中 日本コーチング学会

研究活動

業績(論文)

2019年12月 「Relationship between immediate effect for 7-seconds sprinting and physical ability」The Asian Journal of Human Health Science Vol.1.pp.17-24(共著)[査読あり]
2019年07月 「小学校中学年および高学年の児童における時間経過に対する相対疾走速度変化」体育の科学vol.69.No.7.pp.543-548(共著)[査読あり]

業績(総説・解説記事・その他

2019年12月 「7秒間走と8秒間走の比較」神戸医療福祉大学紀要 vol.20.pp.49-54(共著)[査読あり]                                      2018年12月 「7秒間走の効果 : 7秒間走の限界」神戸医療福祉大学紀要 vol.19.pp.155-159(共著)[査読あり] 

学術関係受賞

2012年3月 大阪体育学会奨励賞受賞

共同研究・競争的資金申請希望テーマ

幼児児童における投運動メカニズムの解明

教育活動

担当科目

2017年-継続中 バイオメカニクス
2017年-継続中 機能解剖学
2017年-継続中 バドミントン
2017年-2020年 陸上競技

学内における課外活動・そのほか

2017年-継続中 福崎親子運動・学童運動教室担当者

社会貢献

scroll
scroll