大学紹介

建学の精神

個性の伸展による人生練磨

 人には、誰でもその人でなくてはならない優れた個性があります。
その一人ひとりが持つ個性を育みながら、広い知識と深い専門性を伸ばし、ひろく世界が要求する知識豊かな優れた人材を養成することが本学園の教育理念です。神戸医療福祉大学がめざすのは、人のこころを理解し、受け入れ、ともに生きていこうとする「こころの福祉」。

福祉を学ぶには、人間に対する深い洞察と理解が必要であり、「人の役に立ちたい」という人を愛する心を持って福祉の学問と技術の習得に励み、その専門性を追求することで個性をさらに伸ばし育てることとなるでしょう。

神戸医療福祉 大学は、生き生きとした明るい学風のもと、福祉の専門職を「天職」として活躍できる人材を広く社会に送り出していきたいと考えています。

 

学長メッセージ

個性を伸ばし、自信をつけさせ世界へ送り出したい

 建学の精神に基づいて、社会福祉への旺盛な探究心を持ち、何事にも挑戦する気概をもった多種多様な学生を幅広く受け入れ、入学後は更にそうした学生達の自己の福祉的個性を伸ばし、文化の創造発展に貢献できる福祉の専門家を育てていくことに情熱を注いでいます。
 即ち、自己の個性に目覚めることが創造性発揮の原点であるという認識のもとに、『個性の伸展による福祉社会を力強くリードしていく人材の養成』を神戸医療福祉大学の教育の基本理念としています。それぞれの福祉的個性を伸展させ、専門知識と広い視野を身につけることで、若いみなさんがこの地から、人と環境に優しい『こうふく』の心をもって社会へ羽ばたかれんことを 心から願っています。

大学の基本理念、使命・目的

 本学は「個性の伸展による人生練磨」を建学の精神としています。個性とは、佛教哲学でいう「第一義諦(たい)」であり、最も優れて尊い価値を意味しています。「青年は、次代創造の源泉である。その個性を伸展し、人間と社会と地球に福祉的未来を実現する」ことを教育理念(大学の基本理念)として掲げています。この教育理念にある「個性」を伸展することはすなわち「専門性」を高めることであり、福祉の学問と技術を極める教育を基本としつつ、福祉を天職として自覚できる豊かな人間性を備えた人材の育成こそ「個性の伸展による人生練磨」の教育と位置づけています。

 この理念を具現化すべく本学は、「日本国憲法、教育基本法及び学校教育法に従い、広く知識を授けるとともに、建学の精神である『個性の伸展による人生練磨』に則り、人と環境に優しい福祉の心をもった人材を国際色豊かに育むことを目的とする」と学則第1条で明文化しています。