学部学科

社会福祉学科・各モデル

社会福祉学科
Department of Social Work
健康スポーツコミュニケーション学科
専門スキルと福祉マインドを持ち、
幅広く活躍できる生活支援のスペシャリストを目指します。

社会福祉の仕事はこれまで「困っている人」の援助を行うことが中心でしたが、現在はそれだけでなく「よりよい暮らしをしたい」「もっと幸せになりたい」という人々に対する自己実現のサポートなど、役割が日々拡大しています。それに応じて福祉の仕事も多様化し、今や福祉は人々の生活に欠かすことができないものとなっています。社会福祉学科では、このような社会と時代の要請に応え、あらゆるニーズに対応できる社会福祉の専門家を養成することを教育目標としています。学生のみなさんが将来目指す活躍のステージを描けるよう、さまざまな履修モデルが用意されており、幅広い社会福祉の学びを体験した後、それぞれに必要な資格取得の勉強とキャリア形成が始動します。

目指すのはダブル資格取得!

社会福祉士資格

各履修モデルで
取得できる資格

学科の特長
入学後、社会福祉学の全体像を学んでから 自分に合った履修モデルを選択できます。

大学での学びを効果的に高めるのは、将来の夢や希望、抱負です。みなさんの思いと可能性を具体化していけるよう、4つの履修モデルを設けてカリキュラムを編成しています。入学後、まずは社会福祉学に触れてから将来の進路を考え、それに合わせてモデルを選択してください。

活躍のステージ
1 高齢者施設

高齢者が住み慣れた地域で、尊厳のある自分らしい暮らしを人生の最後まで続けることができるようサポートします。入居施設のほか、通所サービスでも活躍が期待されます。

2 保健医療機関

一般病院や保健所などで、入院費や社会復帰など患者さんの生活におけるさまざまな問題の解決をサポートするほか、精神科の相談援助業務に携わります。

3 障がい者施設

先天性または後天性疾患や心の病気を抱えた人、事故などで心身に障がいを負った人に対し、社会的自立に必要な支援やリハビリテーションなどを行います。

4 児童施設

子どもの健全な育ちを支援するのに加え、福祉の視点から適切なサポートを提供します。児童養護施設や乳児院、保育所、子育て支援センターなどがあります。

5 地域福祉機関

社会福祉協議会で福祉活動専門員となるほか、高齢者や障がい者を対象にグループホームや配食・入浴サービスを行う民間のNPO法人で、住民福祉の向上をサポートします。

6 地域行政機関

地域住民の相談に応じて、福祉施設への入所手続きや生活指導などを行います。都道府県庁や市役所の福祉担当課、地方自治体の福祉事務所、児童相談所などがあります。

7 一般企業

福祉用具、訪問介護など高齢者や障がい者、児童などを対象にした商品・サービスを提供する企業のスタッフとして、さまざまな問題を抱えた人をサポートします。