学科・教育

健康スポーツコミュニケーション学科

健康スポーツコミュニケーション学科
Department of Health,Sport and Communication
健康スポーツコミュニケーション学科
あらゆる人々の健康維持・増進に貢献できる
運動・スポーツ指導のプロフェッショナルを目指します。

この30年、子どもの体力・運動能力は低下傾向にあり、一方で高齢者の割合は増えています。運動・身体活動不足は生活習慣病のリスクを抱えるだけでなく、ストレスへの抵抗力の低下にもつながります。つまり大切なのは、運動やスポーツに親しみ、生涯を通じて実践していくことです。そこで本学科では、様々な種目のスポーツ指導法や理論だけでなく、子どもの成長や発達、心理、栄養学、健康寿命を延ばすためのトレーニング方法などを学修。幼児から高齢者、障がいのある方まであらゆる人に運動やスポーツの魅力を伝え、効果的で分かりやすい指導ができる技能を身につけ、さらに社会福祉士国家資格を持つ運動・スポーツ指導者として、様々な福祉ニーズに応える人材、社会福祉の知識と技術を生かした中学・高校の保健体育教諭を育てています。

目指す資格!

社会福祉士資格

または

高等学校教諭一種免許状(保健体育)
中学校教諭一種免許状(保健体育)

学科の特長

中学校・高等学校の保健体育教諭から、トップアスリートのトレーナー、障がい者スポーツ指導者まで、さまざまな進路に対応する専門的な勉強ができるようになっています。将来の夢や希望に合わせて、自分に合った履修モデルと科目を選んでください。

入学後、体育スポーツと健康福祉の基礎を学んでから自分に合った専攻を選択できます。
健康維持・増進専攻

福祉施設などで、利用者の健康の維持・増進に寄与するための技術と知識を学びます。「社会福祉原論」「ソーシャルワーク総論」などの必修科目に加え、「児童福祉論Ⅰ」「高齢者福祉論Ⅰ」「障がい者福祉論Ⅰ」なども履修し、社会福祉士国家試験受験資格の取得を目指すと同時に、健康運動実践指導者の資格取得を目指します。

教職専攻

中学校・高等学校の保健体育の先生を目指す履修モデルです。社会福祉援助技術の知識と技能をベースにして「教職概論」「教育原理」「教育課程論」などの教職に関する科目を履修するとともに、「器械運動」「陸上競技」「水泳・水中運動」などの体育実技を学び、子どもたちに適切な指導ができるスキルを身につけます。
※教職課程履修には一定の条件があります。

スポーツトレーナー専攻

競技スポーツやフィットネスの分野で活躍できる運動指導者を目指します。トレーニング指導者(JATI-ATI)認定試験合格を目標に「トレーニング論」「機能解剖学」「健康運動指導法Ⅰ」などを履修すると同時に、健康運動実践指導者、障がい者スポーツ指導員の資格取得も目指し、幅広く活躍できる技能を磨きます。

■専門的な授業

体育スポーツと健康福祉に関する知識を深めるための専門性の高い授業を1年次から少しずつ履修していきます。
その中から一部をピックアップしてご紹介します。

介護予防運動指導法

高齢者がいつまでも健康でいきいきとした生活を送るためのトレーニングである介護予防運動。3年次の必修科目として、介護予防運動の基本的な動きや指導方法について学習を進めていきます。実際の現場で行っている内容を紹介しながら、対象や目的に応じたプログラムを作成し、一人ひとりに合わせた適切な指導ができるようになることを目指します。

健康福祉論

健康福祉は、身体とこころの健康の維持、高齢者・障がい者・児童などの生活サポートや相談、多様な生活行動の援助、生活環境の整備など福祉援助に直接かかわる分野です。一人ひとりの命を守ること、健康を保つこと、地域社会での安全・安心な生活設計と社会的支援についての課題を発見し、解決への基本的知識を身につけることが目標です。1年次の必修科目。

Student's Voice
健康スポーツコミュニケーション学科
カリキュラム
健康スポーツコミュニケーション学科

↑ 詳細はこちらをクリック

●…必修科目 ◆…留学生用 無印…選択科目
※カリキュラムは一部変更になる場合があります。

推奨する資格

社会福祉士

または

高等学校教諭一種免許状(保健体育)

中学校教諭一種免許状(保健体育)

取得できる資格

高等学校教諭一種免許状(保健体育)※1/中学校教諭一種免許状(保健体育)※1/学校図書館司書教諭/社会福祉士(受験資格)/健康運動実践指導者(受験資格)/JATI認定トレーニング指導者(受験資格)/障がい者スポーツ指導員(初・中級)/レクリエーション・インストラクター/スポーツリーダー(申請)/ジュニアスポーツ指導員(受験資格)/スポーツプログラマー(受験資格) ※但し、履修モデルにより取得できる資格は異なります。
※1 再課程認定申請中(ただし、文部科学省における審査の結果、予定している教務課程の開設時期が変更となる可能性があります。)

任用資格

社会福祉主事/児童指導員/老人福祉指導主事/知的障がい者福祉司/福祉活動専門員/身体障がい者福祉司/児童福祉司
※身体障がい者福祉司と知的障がい者福祉司は、卒業後2年間の実務経験が必要です。
※児童福祉司任用資格は卒業後、指定施設での実務経験(1年間)が必要ですが、社会福祉士国家試験に合格している場合は不要です。

推奨する資格

スポーツと福祉を学んだ人材として活躍が期待されます

1 中学校・高等学校

学校現場における保健体育教諭の役割は非常に重要です。4年間で学んだ社会福祉の知識と技術を生かして、子どもたちの体力・健康の増進をサポートします。

2 フィットネスクラブ

現在、フィットネスクラブの会員の3割が60歳以上といわれています。幅広い年齢層と、一人ひとりの状態や目標に応じた指導力が求められます。

3 病院

患者さんの生活を改善するため体操や運動を取り入れている病院・診療所で、運動指導者としての技能を生かせます。もちろん、社会福祉士としても活躍できます。

4 社会福祉施設

デイサービスから入所まで、社会福祉施設の利用形態はさまざまです。それぞれの状態に合わせた運動指導を行うことで、利用者の体力の維持・向上に努めます。

5 一般企業

運動・スポーツの理論と実践、社会福祉の知識と技術は、広く一般社会に求められるものです。企業におけるさまざまな商品の企画・開発に活かすことができます。