広報活動

黒崎先生、いざ世界の頂点へ!

2019-08-10
黒崎辰馬 講師 ベルトレスリング世界大会出場!

 9月1日(日)~9月4日(水)、韓国・忠州で行わ れる「ワールドマーシャルアーツマスターシップス」のベルトレスリング競技に、日本代表選手と して健康スポーツコミュニケーション学科の黒崎辰馬先生(常勤講師)が、男子ベルトレスリング競技70kg級で出場します。

 「ベルトレスリング」は、現在ではレスリングスポーツの一形態ですが、歴史的には最古の格闘技競技といわれるものです。古代メソポタミア文明から伝承される「ギルガメッシュ叙事詩」によれば紀元前2000年代には競技として成立していたようです。特徴として、競技者がお互いにベルトを身につけ、そのベルトをつかんで相手を倒すと勝利になります。相撲と似ていますが、相撲に見られるまわしを取り合う駆け引きや打撃(押し出しなど)はありません。

 

 

 黒崎先生のコメント

「メダルを取ること、世界一を目指します。また、ベルトレスリング競技の(日本での)今後の普及のための機会となるよう全力を尽くして頑張ってきます!」

 

 ※ワールドマーシャルアーツマスターシップス大会情報は こちら