トピックス

第1回公開講座開催しました

2012-11-08

11月5日(月)、公開講座(4回シリーズ)が開催されました。
第1回目テーマは、「認知症になっても見守りのある安心な生活を」
―笑顔でやさしく!は信頼関係があってこそ― (日常生活自立支援事業をご存知ですか) 講師:井土教授
 

 開講にあたり、山西学長代行より沢山の笑顔を作っていただき知識を増やしてくださいとの挨拶がされました。
井土教授の講座では、便利になりつつある情報社会の中で、自分達の生活はどうか?30年前と比べてどうか。良い情報、悪い情報も飛び交っている。良い情報だけを身につけて欲しい。認知症は、誰もが将来、身近になりつつあるが、認知症でない人もだまされる。お金目当てで近づいてくる犯罪者がいる。心の隙間、”人の善意とやさしさ”を狙ってくる。しかし、毎日相手を疑う生活を送ることはできない(疲れる)。オレオレ詐欺、振り込め詐欺のだましの個々の事例を挙げられ、質問形式で参加者自身の行動が正しいか、間違いかを問いかけたりされました。
 また、被害者の男女比では女性が7割をしめ、50歳~80歳代に多くみられると、データで示されました。安心した生活への”だまされない”心構え、生活の仕方、相談の仕方を、「日常生活自立支援事業」の仕組みをもとに説明されました。
ちょっと不安があったら、困ったことがあったら、健常者の方でも近くの社会福祉協議会に相談して欲しい。見守り、見守られの暮らしで、信頼関係が広がり、心強く、楽しく暮らしていきましょうと締めくくられました。
 
次回、第2回目は「介護保険制度の基礎知識」~サービスの特徴と利用方法~ です。皆様のお越しをお待ちしております。
参加方法、講座の詳細はこちら

山西学長代行より開講の挨拶 パワーポイントを使っての講座