トピックス

介護福祉コース学生がミニ門松作りに挑戦!

2014-12-18

 12/16、ふくしみらい館にて、「レクリエーション指導法」(レクリエーション指導者資格取得科目)の中の「福祉サービス利用者への季節感を大切にした支援」の学習として、日本の正月に欠かせない門松の作り方を体験学習しました。
 本学管理課職員にも準備と技術指導をお願いし、学生は男女混ぜての5~6人1グループとなり、グループで協力しながら全部で4対のミニ門松を作成しました。材料は葉牡丹以外は全て本大学敷地内で調達した松・竹・梅・南天等を使用し、完成させました。はじめはぎこちない手つきでのこぎりやナタを使っていた学生たちも次第に慣れて、手が動いていない友人を見かけると檄を飛ばしながら、グループ一丸となって作業を分担して取り組む姿はなかなか頼もしいものがありました。
 この日作成した福を呼ぶミニ門松は、学生寮や学生食堂やB棟の前に飾る予定です。
 地元の素材を生かした日本の伝統文化を学ぶ体験学習、今後も続けて広げていきたいものですね。

                                                                       田島栄文