キャリア支援

一人ひとりの個性に合わせた目標や夢を実現させるために

本学のキャリア教育は、単に資格取得や就職を目的とするだけではなく、 学生一人ひとりが個性に合わせた人生目標や夢を展望し、何が必要かを考え、実現していくための社会的および 職業的自立を図る能力を培うことを目的としています。学生自らが、講義、実習などの学習を積み重ねながら、主体的に進路を追求する 能力と態度を育てることができるよう、教職員や必要に応じて友人たちがその支援を行ない、共に伸びていこうという考え方に基づいた 教育プログラムであり、在学中4年間の授業内容に併せて段階的に行なわれます。1・2年次の「キャリア演習」、3年次の「プレゼミ」、4年次の「ゼミ」は少人数指導で効果を上げています。各種専門職実習が定着し、ボランティア活動やインターンシップも取り入れていますので、 課外活動との相乗的なプログラムとしても期待されます。

キャリア形成支援プログラム

キャリア演習

1年次、2年次の履修科目(必修)として、キャリア演習Ⅰ・Ⅱの授業を用意しています。この演習では、高校生から大学生、そして社会人になるために「自分のやりたいこと」を見つけるプロセスを提供します。

学外実習(インターンシップ・専門職実習)

2年次、3年次の夏期休暇を利用した就業体験実習と全学年を通じて行う専門職養成の学外実習を支援しています。インターンシップでは実際に必要な職業観を養います。専門職実習は資格取得に必要な実習です。
詳しくは学外実習へ

資格取得支援講座

資格取得や自己開発等、つまり「なりたい自分」や「個性の伸展」の実現を求める学生を支援する講座です。課外講座は学生へのアンケートから内容を決定し、学生一人ひとりの目標や夢の実現に有利になるようにお手伝いします。

就職支援プログラム

就活セミナー

3年次からの支援が学内で開催する就活セミナーです。卒業時までの支援として、4年生の就活体験談や社会人先輩のアドバイスを学ぶことから始まります。面接対策、履歴書の書き方や就活マナー、仕事適性について講習を受け、企業や団体が企画する求人セミナーへの参加を促します。

就職試験対策講座

筆記試験対策は、SPIと一般教養試験に対応します。就活に必要なエントリーシートから、公務員試験、教員採用試験、そして福祉系国家試験の対策まで、WEB講義の導入や各学科との協同で効果的な対策をしています。

留学生就職支援

日本で就職を希望する外国人留学生のために、国際交流センターと協力して、就職活動や日本語能力試験対策のセミナーを開催します。また、企業の求人情報や求人セミナーの情報を提供します。

4年間でキャリアプランニング!

4年間でキャリアプランニング 4年間でキャリアプランニング 4年間でキャリアプランニング

※講座・ガイダンス等一部変更になる場合があります。

scroll
scroll