新着情報

お知らせ

薬物に関する講演会を開催しました。

先の報道でもあったように、大学生の大麻使用が大きな問題となっています。
薬物の乱用により自分の身体を蝕むだけではなく、他にも影響を及ぼすことから薬物に関する正しい知識を持ち、絶対に手を出さないために
兵庫県警察本部よりお越しいただき、「県下の薬物情勢について」講演会を開催しました。

世の中に出回っている薬物の種類や身体への影響、摂取するための道具など、資料を基に詳しい説明がありました。
年代別の使用状況では10代・20代は大麻が多くSNSを通じて手に入れることが出来、他の薬物に比べこの年代でも手に入れることのできる
金額であることを知りました。
また、大麻に対する誤った情報を信じ、危険性への認識が全くない・あまりないという割合が8割に達している現状や、薬物の運び屋に利用される
別の危険も知りました。

誤った情報に惑わされず、一度だけなら大丈夫、少しだけなら大丈夫などの誘いは断る、薬物にはてを出さない強い意志を持つことをご指導いただきました。
講演後は学生からいくつかの質問があり、しっかりと関心を持ってくれた事を感じました。

scroll