大学のポリシー

大学のポリシー

教育への取り組み

知識と技術に加え、豊かな人間性を養う

神戸医療福祉大学がめざすのは、相手のこころを理解し、受け入れ、
ともに生きていこうとする「こころの福祉」。
そのため、福祉のプロとしての知識と技術に加え、
豊かな人間性を養うのが神戸医療福祉大学の教育方針です。
そして、これからの福祉社会を力強くリードしていく力をもった人材を育成します。

教育への取り組み
人間科学系科目で育む豊かな人間性

01 人間科学系科目で育む豊かな人間性

福祉に携わる人間として不可欠な「豊かな人間性」を育むため、福祉の知識や技術についてだけでなく、人間科学系の科目も重視しています。それによって神戸医療福祉大学のめざす「こころの福祉」を実践できる人材を育成します。

人間科学系科目で育む豊かな人間性

02 現場体験実習で育む実践力

講義で学んだ理論を、学内・学外の実習を重ねて体得し、実践力を養います。特に、施設に出向いて行う学外実習では、実際に福祉のプロが働く現場を体験することで、めざす職業への理解と自覚を深めていきます。

現場体験実習で育む実践力

03 学生と教員のコミュニケーションを重視

実習や諸行事、ボランティア活動など、学生と教員が人間的にふれあえる場を大切にし、そこで密にコミュニケーションをとるよう努めています。そうすることで、各自の個性に合わせたていねいな指導を実現します。

学生と教員のコミュニケーションを重視

04 資格取得と就職を徹底サポート

将来の進路を左右する資格取得と就職。本学では、めざす国家試験に対応したカリキュラムと試験対策講座で、資格取得を強力にバックアップします。また1年次から始まる充実した指導で、就職も徹底サポートします。

scroll
scroll