地域連携・社会貢献・
高大連携

地域連携高大連携

【 報告 】出前授業「高齢者・視覚障害者疑似体験による共感的態度の形成」<兵庫県立夢前高等学校>

 11月18日(金)夢前高等学校3年生「生活と福祉」の授業において、未来社会学科小田栄子教授による出前授業が実施されました。高齢者疑似体験3種類、視覚障害者疑似体験3種類、計6種類の体験ブースが設置され、4年生の在学生がアシスタントとして参加しました。
 高校生からは50分間が「あっという間だった」「もっとやりたかった」などの声が聞かれ、積極的な参加が見られました。

各ブース説明が終わり、いざ体験!

「ささやかな疑似体験ですが、自分事として考えることにより、福祉マインド「共感的態度」の形成につながっていくことを期待しています。」
夢前高校の皆様お疲れ様でした!

scroll