教員紹介

教員紹介アイコン

松下 光宏  マツシタ ミツヒロ

MATSUSHITA,Mitsuhiro

人間社会学部 健康スポーツコミュニケーション学科
准教授
博士(言語文化学)[大阪府立大学]

教員紹介アイコン
研究分野 言語学
専門分野 日本語教育、日本語学
研究キーワード 文型、文脈からみた意味・用法

基本キャリア

出身大学院

2018年3月 大阪府立大学 人間社会学研究科 後期博士課程(言語文化学) 修了

学内職務歴

2020年4月-継続中 教養教育委員会委員長
2019年4月-継続中 准教授

学外略歴

2016年4月-2019年3月 帝塚山大学現代生活学部 非常勤講師
2013年9月-2017年3月 白鳳女子短期大学(現、白鳳短期大学)総合人間学科 非常勤講師

所属学協会

2018年-継続中 日本語学会
2014年-継続中 日本語文法学会
2013年-継続中 日本語教育学会

研究活動

業績(論文)

2014年12月 「コミュニケーションのための終助詞「もの」の用法―母語話者と非母語話者の使用実態から―」 『日本語教育』日本語教育学会 159号'pp.30-45(単著)[査読あり]
https://ci.nii.ac.jp/naid/130005464858
2016年12月 「原因・理由を表す接続辞「ものだから」の使用文脈の特徴―前後の文脈に表される事態との関係に着目して―」 『日本語教育』日本語教育学会 165号'pp.57-72(単著)[査読あり] 
https://ci.nii.ac.jp/naid/130007552564
2017年4月 「文・節の連接からみた接続辞「ものの」の使用文脈の特徴」 『日本語教育』日本語教育学会 166号'pp.31-46(単著)[査読あり] https://ci.nii.ac.jp/naid/130007638100 

学会発表・研究講演等

2015年5月 「原因・理由を表す接続辞「ものだから/もので」の意味―原因・理由の事態に現れる語と対象事態の確定性の制限から―」 2015年度日本語教育学会春季大会 武蔵野大学(単独)
2014年3月 「終助詞「もの」のコミュニケーションにおける用法」第11回データに基づいた日本語教育のための語彙・文法研究会 チュラロンコーン大学(単独)

科研費獲得実績

2020年 – 2022年 文脈からみた「もの」を構成成分に持つ機能語の記述的研究(科研費課題番号20K13094)
https://kaken.nii.ac.jp/ja/grant/KAKENHI-PROJECT-20K13094/

教育活動

担当科目

2019年-継続中 文章表現の技術、日本語I・II、英語Ⅰ・Ⅱ

学内における課外活動・そのほか

2019年-継続中 日本語能力試験対策講座 講師

社会貢献

ボランティア活動・ボランティア支援活動歴

2016年-2018年 日本語ボランティア団体講習会 講師

取得資格・免許

2002年 3月  平成13年度 日本語教育能力検定試験 合格
2003年 1月  日本語教師養成講座420時間総合コース 修了

地域連携・高大連携に提供できる資源

日本語ボランティア教室での日本語支援

scroll
scroll