神戸医療未来大学

PROFESSOR教員紹介

OTA,Akira太田 明

健康スポーツ学部 健康スポーツコミュニケーション学科 教授

修士(教育学)(東京大学)

研究分野 教育学
専門分野 教育哲学
研究キーワード 哲学対話、哲学教育、未来世代の権利

キャリア

出身大学院 東京大学教育学研究科士課程(教育哲学専攻)満期退学 -1990(平成2)年3月
学内職務歴 非常勤講師(2023年10月-2024年3月)
学外略歴 横浜市立大学非常勤講師(1991年4月-1992年3月)
愛知大学教養部専任講師(199年4月-1994年3月)
愛知大学教養部および法学部助教授(1994年4月-2004年3月)
ベルリン自由大学一般教育学研究所客員研究員(1997年9月-1999年8月)
愛知大学法学部教授(2004年4月-2009年3月)
玉川大学文学部人間学科および国語教育学科教授 (2009年4月~2021年3月)
玉川大学学術研究所特別研究員(2021年4月-2024年3月)
所属学協会 日本教育学会会員(1989年–現在に至る)
教育哲学会会員(1989年–現在に至る)総合人間学会(現在に至る)
日本倫理学会(2008年-現在に至る)
哲学プラクティス学会(2018年-現在に至る)

研究活動

業績(論文)

「子どもの哲学」と「大人の哲学」」『世界子ども学研究会紀要』No.11, pp.43-56, 2024年3月、

「搾取からの解放としての動物の権利「『総合人間学』第16巻,pp.45-57、2022年5月

「地球時代と未来世代の権利」『戦後教育学の再検討 (下) 教養・平和・未来』(岩波書店), pp.194-204
「未来世代への責任の重層性」『教育哲学研究』第108号、pp.21-40 2013年

業績(書籍等出版物)

『新版 地球時代の教育原理』「地球時代の教育課題」pp.171-193 (共著)、2020年12月、三恵社
『子ども観のグローバル・ヒストリー』「なぜアメリカは子どもの権利条約を批准しないのか?(pp. 197-215 (共著)、原書房

業績(総説・解説記事・その他)

「動物への道徳的配慮とベジタリアニズム」『教職研究』(女子栄養大学教育文化政策研究室) 第3号、pp. 1-12 2023年11月

「小林直樹『暴力の人間学的考察』再読」『総合人間学』第17巻,pp.45-59、2023年5月

学会発表・研究講演等

「生命への畏敬」とは何を意味するのか― シュバイツァーとシュヴァンティエ ―」総合人間学会第17回研究大会(オンライン)、 2023年6月18日 一般研究発表

その他の研究活動・業績 (報告書、解説記事、書評、コラムなど)

書評 丸橋静香『『討議倫理と教育-アーペル、ヨナス、ハーバーマスのあいだ』『教育哲学研究」128号、 2023年、pp.170-174.

学術関係受賞
共同研究・競争的資金申請希望テーマ
科研費獲得実績

グローバルかつ長期的な未来世代への責任を志向する教育学の基礎的研究
(科研費課題番号23531025) 2011年−2013年
地球時代におけるソクラテス的対話の可能性に関する教育学的研究
(科研費課題番号26281044) 2014年−2016年
論理構造モデルを用いた論理的思考の育成に関する実験的―教育哲学的研究
(科研費課題番号17K04578) 2017年−2019年

共同・受託研究活動実績 *科研費以外の競争的資金等の研究課題含む
教育関係受賞
所属学協会等の委員・役員歴 総合人間学会 理事・運営委員 2014ー現在に至る
哲学プラクティス学会編集委員 2020年ー現在に至る
政府・地方自治体・産官学組織における委員歴
地域連携・高大連携における指導・教育歴
NPO/ボランティア活動・ボランティア支援活動歴
取得資格・免許(*受賞を含む)
地域連携・高大連携に提供できる資源 歯医者

教育活動

担当科目 教育原理 2024年−継続中
教育制度論 2024年−継続中
心理学概論 I 2024年−継続中
心理学概論 II 2023年−継続中
心理学統計法 2023年
学内における課外活動・その他
教員一覧はこちら