学部学科

[社会福祉学科]介護福祉専攻

社会福祉
学科
介護福祉専攻
Care Work Research
介護福祉専攻

多様な介護福祉のニーズに対応できる知識と技術を身につけます。

学びのポイント
時代の変化に適応できる介護福祉のプロフェッショナルへ

認知症などの要介護高齢者や、障がいのある人たちの社会参加が増えている中、そうした方々のいきいきとした暮らしを支えるために必要な、介護福祉と社会福祉に関する知識を深めます。また、現場実習や地域のボランティア活動を通して多様なニーズに対応できる技術を学び、思いやりの心を育てます。

介護福祉士と社会福祉士のダブルライセンスを目指す

できるかぎり暮らし慣れた場所で生活が送れるよう支援する介護福祉士、各種機関と連携を図りながら自立生活をサポートする社会福祉士、どちらの資格も取得可能です。2つの国家資格を持つ専門職として、今後ますます需要が高まる介護福祉現場のリーダーになれる人材となることを目指します。

実践力と人間力が磨かれる、福祉現場の豊富な実習

介護福祉と社会福祉に関する専門的なスキルと知識を養いながら、介護実習を行います。進級するにつれて段階的に進み、相手の立場に立って想像する力・支援する力が備わっていきます。また実習を通して、支援者としての自分自身を見つめることで、人間的にも成長していくことができます。

介護福祉専攻履修例
介護福祉士+社会福祉士の資格取得を目指す
カリキュラム
社会福祉専攻

↑ 詳細はこちらをクリック

●…必修科目 無印…選択科目
※カリキュラムは一部変更になる場合があります。

社会福祉専攻
推奨する資格

社会福祉士

介護福祉士

取得できる資格

社会福祉士(受験資格)/介護福祉士(受験資格)

任用資格

社会福祉主事/福祉活動専門員/児童指導員/身体障害者福祉司/老人福祉指導主事/児童福祉司/査察指導員/知的障害者福祉司
※身体障害者福祉司と知的障害者福祉司は、卒業後2年間の実務経験が必要です。
※児童福祉司任用資格は卒業後、指定施設での実務経験(1年間)が必要ですが、社会福祉士国家試験に合格している場合は不要です。

卒業後の進路

介護福祉士の資格取得を目指すとともに、社会福祉士の資格を取得して、介護福祉士、介護専門相談員、生活相談員などとして勤務

老人福祉施設
老人保健施設
障がい者(児)施設
救護施設
医療機関
 など
Student's Voice
介護福祉専攻