苦手なものがあったからこそ、生徒に親身になれる。
神戸医療福祉大学出身だからこその、福祉の知識と学びを活かせる熱い教師に。

高等学校教員

森田 昇吾

2019年卒業
高等学校教員
岐阜県立飛騨神岡高等学校 保健体育科教諭

学生主体の部活動で対話を通して課題を解決することを経験
硬式野球部の上位リーグ昇格も

小学校から高校まではハードに没頭していた野球を、大学ではもう少しゆっくりと楽しみながら続けたいと考えていました。また、様々な資格取得を目指せる大学を探していたことと、寮のある大学がよかったこともあり、神戸医療福祉大学を選びました。
1・2年生のころは自由な時間が多く、硬式野球部に、バイトに、遊びにと、全力で取り組んでいました。私が所属していた時の硬式野球部は“学生主体”が方針で、自分たちで考え、話し合い、課題を見つけ、練習方法なども考えながら取り組んでいました。個性の強いメンバーでまとまりに欠ける時もありましたが、そんな時も話し合いを通してチームの課題に取り組むということは変わらず行ってきました。そして、部としての目標であったリーグ戦優勝と3部から2部へという上位リーグ昇格をも達成することができました。それらの部活動を通じた経験は、いま学校で様々な生徒と接する場面でとても役立っています。

先輩や先生方の姿を通して“教師になりたい”という思いが強くなった


学生時代、将来については教員か警察官になりたいとぼんやりと思っていました。おぼろげな夢であった教師という目標をより鮮明にさせてくれたのが大学での学びと経験、先輩や諸先生方の言葉や姿です。教育実習に臨む先輩方を身近に見たり、そのお話を聞いたり、また神戸医療福祉大学の先生方の情熱をもってご指導くださる姿を見ていて、教師になりたいという思いを強くすることが出来ました。私は大学に入学するまでは勉強に苦手意識があり、あまり前向きに取り組んでこなかったのですが、先輩や先生方のおかげで自ら進んで勉強に励むことができるようになりました。教員採用試験や資格取得に向けて本腰を入れたのは3年生の後半からでしたが、無事に教員免許を取得でき、今こうして保健体育の教員として働くことができています。その時に教えていただいた先生方の姿は、自分の目指す理想の教師像になっています。

ちょっとしたきっかけが、大きな変化につながる
苦手なものがあったからこそ生徒に親身になれる

あるソフトボールの授業で「バットにボールが当たらないから楽しくない」と、積極的に参加しようとしない生徒がいました。そこで一言だけ「ボールとずっと目を合わせといてみ」とアドバイスをすると、簡単に遠くに飛ばせるようになりました。その後の授業では意欲的に取り組んでくれるようになり、最後の授業の日にその生徒が「先生、ソフトボール楽しかった。ありがとう」と言ってくれ、とても嬉しく思いました。
苦手なものがあっても、それを克服できた経験があることで、生徒に対してより具体的で親身なアドバイスができているとも感じています。私もソフトボールが好きになれなかったあの生徒も、ちょっとしたきっかけやアドバイスで変化することができたという面では同じです。そんな経験を多くの生徒に体験させてあげることができたらと思っています。生徒のさまざまな面での成長や変化に携われるこの仕事に大きなやりがいを感じていますし、そんな生徒たちが私の新たな活力にもなっています。
前任校では部員25名のフェンシング部の顧問をしていましたが、様々な生徒に対応するという面でも、大学での部活動の経験が活かされました。いつかは野球部の監督として甲子園に出場し、テレビを通してその姿を恩師の方々にお見せ出来たらいいなと思っています。そして私が在学中に指導していただいた先生方に負けないくらいの熱い心を持った生徒想いの教師になりたいと思っています。

知らず知らずのうちに身についた思いやりや支援、傾聴の姿勢
福祉の知識を持った神戸医療福祉大学出身“だからこそ”の教師になる

神戸医療福祉大学の健康スポーツコミュニケーション学科には、福祉と体育が融合したような授業など、福祉について学ぶ場面がたくさんあります。また、「こころの福祉」「個性の伸展による福祉社会を力強くリードしていく人材の養成」を理念とする神戸医療福祉大学出身だからこその福祉の知識を持った体育教師になってほしいと、先生方から折に触れてお話をいただいていました。はっきり言うと、その時はその意味がよく分かっていませんでしたが、教師として働くようになったいま、「あ、このことか!」と感じることがあり、徐々にその意味が分かってきたように感じています。福祉のキーワードである思いやりや支援、傾聴の姿勢が、大学での学びを通して知らず知らずのうちに身についており、実際に活かされていると感じる場面は多々あります。
学生の頃は「大学の4年間なんかあっという間」という話を多くの方から聞いていましたが、当時の私は学生の期間がずっと続くような感覚でした。しかし、この4年間はあっという間で、さらには人生を大きく変えることができる貴重な4年間です。私も人生を、180度とまではいきませんが、120度くらいは変えることができました。自分の目標を持ち、行動できるかどうかで未来は大きく変わると思います。
神戸医療福祉大学の先生や職員の方々は本当に心優しく、学生一人ひとりに寄り添い、相談にのってくださったり、アドバイスをくださったりました。私は自分の『目標設定』『行動』、先生方からのアドバイスをもとに『改善』を繰り返していくことで、体育の教員になるという目標を達成することができました。目標を持って大学へ行く人、大学で目標を見つけようと思っている人、それぞれだと思いますが、自己実現へ向けて頑張ってください! 応援しています!!

scroll