キャリアサポート
センター

キャリアサポート体制について

柴原直樹 教授

みなさん、こんにちは。
私たちは、未来の予測が難しいVUCA…(Volatility(変動性)・Uncertainty(不確実性)・Complexity(複雑性)・Ambiguity(曖昧性)…の時代に生きています。OECDが立ち上げたEducation2030のプロジェクトには、Learning Compassが示されていますが、大学では何を学び、身につけていけばよいのでしょうか。
キャリアサポートセンターでは、「資格」「実習」「進路」「就職」4つの「し」を合わせて、学生のみなさん一人ひとりが「なりたい自分」に近づき「幸せ」になれるよう「支援」しています。個性を伸ばし、未来の「幸せ」な「社会」を創る喜びを感じられるよう、さまざまな情報、サポートプログラムを用意しています。一緒に楽しんで力をつけ、自分を変えていきましょう。
「地元に帰って働きたい!」「どういう資格を持っていればこの仕事の強みになるか」など、遠慮なく、相談に来てください。

キャリアサポートセンター長

野本玲子 教授

個性と適性を配慮した就職支援

学生の個性や適性を十分考慮し、それぞれの希望を的確に把握したうえで、学生一人ひとりの進路決定についてアドバイスしていきます。また、希望する職種に必要な各種資格取得を奨励するとともに、就職ガイダンスを開催し就職活動の概要と心構えについて説明し理解を深めるようにしています。特に、自分に合った仕事であることをしっかり見極めるためにも、実際に話を聞き自分で確かめることを勧めています。また、その目的で各種公的機関と連携を図っています。

社会人基礎力とマナーの指導

自らキャリアを切り開いていくうえで必要な社会人基礎力(アクション、シンキング、チームワーク)が身につくキャリア教育を徹底して行います。また、社会人としてのマナー教育や、履歴書やエントリーシートの作成、ならびに添削等によるフィードバックなど、それぞれの要点を押さえた個別指導を行っています。さらに、模擬面接を実施し、面接者の質問への対応や面接者がチェックするポイントについて理解を図るなど、あらゆる角度から学生たちの就職活動をバックアップする体制を整えています。

多岐にわたる就職情報ネットワーク

福祉、医療・保健、教育、スポーツ、ビジネス分野をはじめとし、一般企業や公務員などでも本学の卒業生が幅広く活躍しており、求人情報も年々増加傾向にあります。キャリアサポートセンターでは、求人情報や就職活動に役立つ情報を収集し、掲示板やインターネットを通じて学生の皆さんに提供しています。また、学内就職フェアを開催し、施設や病院をはじめとする様々な業種の企業に来学していただき、各ブースで企業説明や就職活動に向けた実践的なアドバイスなどをいただいています。

求人お申込方法につきましては
下記の要領にてお願いします。

① 本学所定求人票をダウンロードの上、下記まで郵送・FAX・E-mailでお送りください。
② 貴社・貴法人独自の様式で作成された求人票がございましたら、そちらを上記まで郵送・FAX・E-mailでお送りください。
現在、下記様式がダウンロード可能となっております。希望する様式をクリックしてください。

2023年(令和5年)3月卒業予定者に対する
求人について

本学所定求人票

福祉施設・医療関係用

scroll
scroll